ABOUT US
どんぐり屋について!
本店は山形県南陽市JR山形新幹線赤湯駅前にある不思議な食堂です。ラーメン王国山形の数あるラーメン店の中でもとても異色のお店です。名前の由来は、必ず芽を出すどんぐりのように、森の大樹を目指すという由来があるそうです。
昨年2017年12月に、練馬駅南口にあるダーツバー「BAR PRIZE PRIZE」で、今はやりの間借スタイルのランチ営業で「豚丼のどんぐり屋練馬店」として開店しました。
そして今年、2018年5月12日に練馬区田柄2丁目に新店舗として「どんぐり屋 練馬田柄店」をオープンいたしました。
牧場直送の三元豚、山形のお米はえぬき、山形県南陽市赤湯駅前「どんぐり屋」から伝授された秘伝のタレ、これら源泉素材を使用して作られる「豚丼」。赤湯どんぐり屋本店直伝の秘伝のラーメン・スープに、自家製のカンスイ少な目の玉子麺で作られる「冷たいラーメン」。是非ごこの機会にご賞味下さい。
厳選素材、革新の味!
赤湯どんぐり屋本店には、ご主人の出身地である十勝でうな丼の代わりに、生まれた丼を赤湯で再現した「豚丼」。秘伝の甘辛いタレに、十勝または米沢から直送される三元豚を使用しています。
さらに、山形名物の「冷たいラーメン」。あごだしを使ったどんぐり屋ならではの秘伝のスープに、生の玉ねぎを加え、自家製の麺はカンスイを控えめにした玉子麺で、甘みのあるスープにとてもマッチした、どこにもない独特のラーメンです。
どんぐり屋練馬田柄店でも、豚丼とラーメンのセットをご用意して、皆様のお越しをお待ちしております。